SUNRISE研究会

SUpporting youNg caRdiologISts projEct

CVIT2017 in京都の公式プログラムとして、第4回SUNRISE研究会総会を開催させて頂きました。今回のテーマは‘評価’でした。特別講演として、若くしてGEの社長さんであられる多田 荘一郎様と、ご存知池野 文昭先生のお二方をお招きし、組織はどこでヒトを評価しているのか、を伺いました。
多田様からは双方向性のコミュニケーション自体を評価に取り入れるという画期的なアイディアを、池野先生からはエジソンとは個人ではなく発明集団であったというお話からチームの重要性を教えて頂きました。
お二人のお話の共通点は’exposure’でした。自分自身をセルフプロデュースして周囲にアピールする、しかもそれはかなり早い時期(33歳未満!!)から行わなければならない。そんなお話は非常にショッキングではありましたが、すでに40歳を超えたわたくしどものなすべきことがおぼろげながら見えてきた気もするので落胆はしません(笑)。

ぜひ多くの新たな出会いをライブでご一緒に。今回参加できなかった皆様も次回ぜひご参加ください。

特別講演

1.「組織における相互評価システム」
多田荘一郎 様 (GEヘルスケア代表取締役 兼 CEO)

多田荘一郎 様 (GEヘルスケア代表取締役 兼 CEO)

2.「海外と日本の評価システムの違い」
池野文昭 先生 (スタンフォード大学)

池野文昭 先生 (スタンフォード大学)

会場風景

集合写真