SUNRISE研究会

SUpporting youNg caRdiologISts projEct

TOPIC2018開催期間に合わせて、第5回SUNRISE Case Competitionを開催致しました。
Guest commentatorsとして、例年どおりKoreaからSeung-Woon Rha先生、Tae-Hoon Ahn先生を招聘。さらに前回優勝者の菱刈景一先生をjudgeとしてお招きし、TOPIC会場付近の会議室での開催となりました。
今年は参加ご希望のドクターが多く、事前に締め切るという前代未聞の事態となりました。そのため本番では、例年よりもやや短い時間でのプレゼンをお願いすることになりましたが、逆にエッセンスが抽出された非常に濃密な時間を過ごすこととなりました。
厳正なる採点の結果、8名の精鋭のうち『Best Presentation Award』は黄 俊憲(こうとしのり)先生が受賞されました!このシュッとした若武者には今年のGuro live (10/18-20 Seoul) のinvited facultyとなっていただき、lecturerとライブの2nd operatorを務めていただくことになります。また、僅差で2名の若者が特別賞を受賞。両名にはEncore liveでfacultyとしてお仕事してきて頂きます。

毎回シンデレラボーイが誕生するこの会にまだご参加いただけていない先生は、次回ぜひpresenterもしくはaudienceとしてライブでご覧下さい!

【Presenters】(発表順)

1.鈴木 智詞 先生 (大阪警察病院)
2.小嶋 啓介 先生 (日本大学医学部付属板橋病院)
3.水澤 真文 先生 (横須賀共済病院)
4.黄 俊憲 先生 (日本医科大学多摩永山病院)
5.菊池 進之介 先生 (横浜市立大学附属市民総合医療センター)
6.坂本 泰成 先生 (済生会横浜市東部病院)
7.重永 豊一郎 先生 (横浜市立大学附属病院)
8.増田 新一郎 先生 (東京都立広尾病院)

【Best Presentation Award】

黄 俊憲 先生 (日本医科大学多摩永山病院)

Successful percutaneous thrombectomy of acute limb ischemia using Fogarty catheter
Conclusion: Percutaneous thrombectomy using a Fogarty balloon catheter was successfully performed for ALI. Endovascular treatment using a large bore sheath and Fogarty balloon catheter make it possible to remove massive thrombi.

【Special Presentation Award1】

水澤 真文 先生 (横須賀共済病院)

A rare PCI case of RITA after CABG: the usefulness of the multimodality intravascular imaging
Conclusion: We experienced a rare PCI for RITA graft after CABG. The multimodality intravascular imaging was very useful to elucidate the pathological mechanism.

【Special Presentation Award1】

菊池 進之介 先生 (横浜市立大学附属市民総合医療センター)

A case of repeated recurrent acute coronary syndrome due to in-stent restenosis
Conclusion: Coronary artery inflammation caused by first-generation DES and Takayasu arteritis can be related to the mechanism of in-stent restenosis. Adventitial thickening on IVUS may be important findings of coronary artery inflammation.

会場風景