SUNRISE研究会

SUpporting youNg caRdiologISts projEct

TOPIC2019開催期間に合わせて、第6回SUNRISE Case Competitionを開催致しました。
Guest commentatorsとして、例年どおりKoreaからSeung-Woon Rha先生、Tae-Hoon Ahn先生を招聘。さらに前回優勝者の黄 俊憲先生をjudgeとしてお招きし、例年どおりTOPIC会場付近の会議室での開催となりました。
今年は諸事情により2名のドクターが直前でキャンセルという、前代未聞の事態となりましたが、逆に一名ずつ濃厚なプレゼンテーションとディスカッションが可能となりました。
厳正なる採点の結果、6名の精鋭のうち『Best Presentation Award』は伊藤 紀彦(いとう のりひこ)先生が受賞されました!
プライズゲッター横須賀共済病院からの刺客は、非常に丁寧に症例を検証し、日常臨床で起こり得る合併症に対する極めて高度な考察をしてくれました。彼には今年のGuro live (10/5 Seoul) のinvited facultyとなっていただき、lecturerとライブの2nd operatorを務めていただくことになります。また、僅差で2名の若者が特別賞を受賞。両名にはEncore liveでfacultyとしてお仕事をして頂きます。

毎回シンデレラボーイが誕生するこの会にまだご参加いただけていない先生は、次回ぜひpresenterもしくはaudienceとしてライブでご覧下さい!

【Presenters】(発表順)

1.荒川 雅崇 先生 (旭中央病院)
2.鈴木 啓示 先生 (博慈会記念病院)
3.横田 小平 先生 (湘南鎌倉総合病院)
4.宮下 耕太郎 先生 (上尾中央総合病院)
5.伊藤 紀彦 先生 (横須賀共済病院)
6.沢谷 知文 先生 (同愛記念病院)

【Best Presentation Award】

伊藤 紀彦 先生 (横須賀共済病院)

Urgent EVT for Dislodged Angio-Seal Arterial Closure Device; 2 case reports
Conclusion: We performed EVT for dislodgement of the arterial closure device. Open surgery or stent deployment may be the optimal treatment for arterial obstruction by the arterial closure devices than balloon dilatation.

【Special Presentation Award1】

荒川 雅崇 先生 (旭中央病院)

Efficacy of perfusion balloon Ryusei® for thrombotic lesions in patients with ACS
Conclusion: We used perfusion balloon for thrombotic lesion in patient with ACS in 8cases. All cases ended with TIMI3 and complete ST resolution. Perfusion balloon can be one of the treatment options for ACS with thrombotic lesions.

【Special Presentation Award1】

宮下 耕太郎 先生 (上尾中央総合病院)

Successful Endovascular Therapy for Acute Limb Ischemia Utilizing Proximal Protection Catheter via Popliteal Retrograde Approach.
Conclusion: We successfully achieved ”full-revascularization” for acute limb ischemia. It will be feasible to use for a balloon-tipped occlusion catheter (Optimo®) via Popliteal artery as a distal protection device.

会場風景